民族藝術学会 > 学会案内

ようこそ 民族藝術学会へ

 民族藝術学会は、1984年4月4日に設立された学術研究団体です。

 学会では、毎年4月に開催する総会・大会、年1回の学会誌の発行をはじめとして、大阪事務所では年4回の研究例会を、東京事務所では年3回の研究例会を実施し、さらに年2回会報を発行しています。

 現在、正会員・賛助会員など約1,200名の会員によって、民族芸術に関する基礎的研究と多様な表現活動が行われています。

 ことに、専門分野を異にした研究者同志の交流により、研究領域の広がりと深化が進むなか、日々新しい知見が齎されるようになり、2003年4月には「木村重信民族藝術学会賞」が創設されました。

入会手続きについて

正会員

1)入会申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、件名を「入会申込」として民族藝術学会のメールアドレスに送ってください (アトマークは@に)。

2)民族藝術学会事務所から会費請求書(規定の振替用紙)が郵送されます。

3)郵便振替により会費を送金して下さい。

4)会費納入が確認されたら、当該年度の会報等が順次、民族藝術学会事務所から新会員宛てに送付されます。(年度の途中で入会しても、その年度内のものはさかのぼって送付されます。)


   *書面による手続きを希望される方は、ご連絡先明記の上、FAXまたは郵便で本部事務所までお申し出ください(電話によるご連絡は一切お受けしておりません。また多少の日数を要しますのであらかじめご了承ください)。


学生会員制度について

1)民族藝術学会では、正会員、賛助会員のほか、学生会員の制度があります。

2)学生とは、大学(短期大学を含む)、大学院等の学生です。

3)学生会員の会費は、年間3000円です。

4)学生会員は、大会・研究会・総会への参加、学会誌『民族藝術』への投稿、役員選挙権を有し、会報、例会案内が配布されます。

5)学生会員には、学会誌の配布はありません。(配布を希望する場合は、差額を納入して正会員になれば、会誌を受け取ることができます。)

学生会員の入会・登録手続きについて

 学生会員のご入会・登録手続きには「学生であることを証する書面」が必要です。

1)新たに入会を希望する方は、学生であることを証明するもの(学生証・在学証明書など)のスキャン画像またはコピーを添えて正会員と同様の手続きをお取り下さい。

2)年度を越えて学生会員としての所属の継続を希望する方は、毎年4月1日から15日までに、学生であることを証明するもの(学生証、在学証明書など)のスキャン画像またはコピーを添付して民族藝術学会事務所に申請して下さい。

民族藝術学会事務所

〒560–8532 豊中市待兼山町1–5

大阪大学大学院文学研究科芸術学・芸術史講座内

TEL 06–6850–5120

FAX 06–6850–5121

東京例会等に関する事務は東京事務所で取り扱っています。

〒112–8610 東京都文京区大塚2–1–1

お茶の水女子大学文教育学部音楽科内

TEL&FAX 03–5978–5279(音楽科助手室)


民族藝術学会トップページへこのページの先頭へ


2011年5月14日更新

民族藝術学会

連絡先

Copyright 2005-11 民族藝術学会 Society for the Ethno-Arts. All rights reserved.