民族藝術学会 > 記録

活動記録

2018年度

第34回民族藝術学会大会

日時:2018年4月21日(土)、22日(日)

  ※理事会・評議員会は4月21日(土)午前に開催します。

主催:民族藝術学会
会場:林原美術館

   〒700-0823 岡山県岡山市北区丸の内2-7-15

   JR新幹線岡山駅東口より岡電バス: 岡電高屋行 県庁前下車徒歩3分、宇野バス: 瀬戸駅前行・四御神行 県庁前下車徒歩3分、市内電車: 東山行 県庁通下車徒歩7分

テーマ:民族藝術と伝統藝能

 近年、無形遺産として世界基準のもとで着目されつつある伝統藝能は、各々の独自性を保ち、個々の様式を保持したまま連綿と継承されているが、これを民族藝術としてのいくつかの事例から、文化的・歴史的・社会的コンテクストの中で捉え直し、その現代における意義について考察する。

運営組織:林原美術館 民族藝術学会第34回大会実行委員会

〒700-0823 岡山市北区丸の内2-7-15

TEL: 086-223-1733 FAX: 086-226-3089

E-mail: taniichi[あっと]hayashibara-museumofart.jp


大会実行委員長:谷一 尚 (林原美術館長)

参加要領:
  1. 参加申し込みは予約を原則といたします。ゆうちょ銀行、五四八店(店番号548)、普通預金3832074、(ゆうちょ銀行「通帳」をお持ちの場合は、記号15410、番号38320741で振込手数料月3回まで無料)、民族藝術学会第34回大会実行委員会宛、4月16日(月)までにお振込みください。お振込みによって参加申し込みとさせていただきます。お振込みの大会費、懇親会費は返却いたしません。
  2. 大会費3,000円、懇親会費5,000円です。当日、会場でも参加は受け付けますが、当日を含め、4月17日(火)以降に申し込みをされた方は、大会費4,000円、懇親会費6,000円を申し受けます。
  3. 出張依頼状の必要な方は、大阪大学の学会事務所までご連絡ください。
  4. 会場の美術館ラウンジや展示室内は、飲食喫煙はできません。それもあり、また大会会場付近には当日営業中の飲食店が多数ありますので、今回、昼食弁当は用意いたしません。休憩時間の飲み物等は、ラウンジカウンターに用意いたします。
  5. 大会パンフレットなどは、当日会場でお渡しします。
  6. 懇親会場は、近隣ホテル(徒歩5分)のレストランを予定しています。ビールとワインは飲み放題です。
  7. 宿泊:岡山駅前を中心に多くの宿泊施設があります。各自でお手配をお願いします。

第34回民族藝術学会大会プログラム

program

第86回東京例会

日時:2018年6月16日(土) 14:00~16:30

場所:実践女子大学・渋谷キャンパス 創立120周年記念館

交通:JR・東京メトロ・東急「渋谷」駅より徒歩10分、東京メトロ銀座線/半蔵門線/千代田線「表参道」駅より徒歩12分

   *創立120周年記念館玄関右手の守衛室窓口で、ご氏名等をご記入の上、入構証をお受け取りになって、手動扉からお入りください。

研究発表:

テーマ:書物の豊かさ

1)雲中あみ(実践女子大学大学院):「橋口五葉の「表装」—絵画と装幀の関係—」

2)安藤紫野(ブックデザイナー):「ブックデザインという仕事」

担当理事:六人部昭典

連絡先:民族藝術学会東京事務所(お茶の水女子大学・永原恵三研究室)E-mail: minzoku.tokyo[あっと]gmail.com

第149回研究例会

日時:2018年7月28日(土) 13:00~15:30

場所:大阪市立東洋陶磁美術館 講堂

  ※事情により、会場が「会議室」に変更される可能性があります。案内表示などにご注意ください。

交通:地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」1号出口から約400メートル(大阪市中央公会堂東側)

研究発表:

1)木水千里(成城大学):「アルバート・C.バーンズのアフリカ芸術理解から考察する1920年代のアメリカの美術史観」

2)柳沢史明(東京大学):「愛国者たちがみた〈アール・ネーグル〉:1910年代の「アフリカ形見」の活動を中心に」

担当理事:大久保恭子

連絡先:民族藝術学会本部事務所 mg_gakkai[あっと]yahoo.co.jp

第87回東京例会

日時:9月15日(土) 15時〜17時(理事会13時〜15時)

場所:お茶の水女子大学文教育学部2号館110教室

交通:東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車正門まで7分(正門入構時に身分証明書をご提示ください。南門は閉門しています)

プログラム:

中津川祥子(お茶の水女子大学) 「大正期における宝塚歌劇団への視線 —雑誌『オペラ評論』と『オペラ』の記事から—」

山下正美(お茶の水女子大学) 「民族音楽学からみた日本の音楽科教育の現状と課題」

連絡先:民族藝術学会東京事務 minzoku.tokyo[あっと]gmail.com

第150回研究例会

日時:10月6日(土) 13時30分〜17時30分

場所:大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco] (大阪市西区江之子島2丁目1番34号)

交通:地下鉄千日前線・中央線「阿波座駅」下車、8番出口から西へ約150m

共催:科研基盤C「黎明期広告業界誌『プレスアルト』広告現物全調査に基づく関西の広告史研究」(研究代表:竹内幸絵、16K04117)、大阪府、大阪市

シンポジウム: 関西広告を開梱(アンパック)する—— 『プレスアルト』誌というアド・アーカイヴ

       Unpacking Kansai Advertising Materials:“PRES ARTO” as ad archives

   1930年代から70年代まで関西で発刊された作品付広告・宣伝批評誌『プレスアルト』の研究。同誌に付録された広告現物およそ6000点をもとに、関西を中心とした日本の広告表現史を考える。

報告者:竹内幸絵(同志社大学)、植木啓子(大阪新美術館建設準備室)、佐藤守弘(京都精華大学)、熊倉一紗(京都造形芸術大学)、松實輝彦(名古屋芸術大学)、輪島裕介(大阪大学)

関連展覧:10月2日(火)~10月13日(土)於:同会場ギャラリー

担当理事:中尾薫

連絡先:本部事務所 mg_gakkai[あっと]yahoo.co.jp


民族藝術学会トップページへこのページの先頭へ


2018年8月12日更新

民族藝術学会

連絡先

このサイトでは、個別のソフトウェア独自の拡張機能は使用しないよう努めておりますが、万が一そのようなことがございましたら、ご一報ください。

Copyright 2005-18 民族藝術学会 Society for the Ethno-Arts. All rights reserved.