民族藝術学会 > 記録

活動記録

2019年度

第35回民族藝術学会大会

日時:2019年4月20日(土)、21日(日)
主催:民族藝術学会
会場:飯田市美術博物館

   〒395-0034 飯田市追手町2丁目655番地7

   電話番号:0265-22-8118

   JR飯田線飯田駅より徒歩20分

   名鉄バスセンターより高速バス飯田行き終点飯田商工会館徒歩10分 所要1時間58分 2,420円

   新宿バスターミナルより高速バス飯田行き終点飯田商工会館徒歩10分 所要4時間15分 4,200円

   ハイウェイバス ドットコム

   交通アクセス、施設の詳細につきましては、飯田市美術博物館のHPをご参照ください。

テーマ:民族藝術と「地域」

 本大会は、飯田市美術博物館で開催するにあたり、京都・大阪・東京(京・大坂・江戸)という大都市の視点ではなく、それ以外の「地域」の視点から、その活力ある「場」がもつ文化的な力を、民族藝術という表現の装置を通じて考えてゆくことを目指している。民族藝術は、それが属する「場」やコンテクストとの密接な関係性が語られることによって、それらをつくりだした人々の「顔」をもあらわにする。他方、「地域」はそれ自体で完結するのはなく、民族藝術(民俗芸能)という表現媒体を流通させることで、他者とのネットワークを形成する。飯田の地は菱田春草や柳田國男との関係性を通じて、日本美術史や民俗学などのゆたかな学問的拡がりの拠点であり、この地に集うことで諸藝術のクロスオーバーする議論の場が生まれることを期待している。

運営組織

事務局:お茶の水女子大学文教育学部音楽科 永原研究室 民族藝術学会第35回大会実行委員会

    TEL&FAX: 03–5978–5279(音楽表現コース室)

    E-mail: mg.tokyo.office[あっと]gmail.com(民族藝術学会東京事務所)

    大会実行委員長 永原恵三(お茶の水女子大学教授・音楽学)

参加要領:
  1. 参加申し込みは予約を原則とします。大会参加費3,000円(学生2,000円)、懇親会費5,000円(学生3,500円)です。大会のみ参加の方は3,000円(学生2,000円)、大会及び懇親会参加の方は8,000円(学生5,500円)を4月12日(金)までに、下記口座にお振込み下さい。大会当日、会場でも参加を受付けますが、当日を含め、4月12日(金)以降に申し込みをされた方は、大会参加費4,000円、懇親会費6,000円を申し受けます。お振込みによって参加申し込みとさせていただきます。なお、お振込みの参加費、懇親会費は返却いたしません。

    【払込先】

      ゆうちょ銀行から:10110–92616571

      その他金融機関から:ゆうちょ銀行 店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)

      口座名:民族藝術学会東京事務所

      預金種類:普通預金 口座番号:9261657 (※7ケタ)

  2. 出張依頼状の必要な方は、大阪大学の学会事務所までご連絡ください。
  3. 大会パンフレットなどは、当日会場でお渡しします。
  4. ※宿泊について

    飯田駅徒歩5分のところにシルクホテルがあり、比較的手頃な価格で宿泊ができます。20日の懇親会場はこのホテルです。20日夕方、および21日朝には美術博物館との間にマイクロバスが運行されます。他にも宿泊施設があります。予約は各自でご手配をお願いいたします。

    シルクホテル

      〒395-0083 長野県飯田市錦町1-10

    TEL:0265-23-8383(代表)・フリーダイヤル:0120-23-8383(宿泊予約)

program

臨時総会と対話フォーラムのお知らせ

2019年6月15日(土)於大阪大学豊中キャンパス

対話フォーラム

13:30より

「民族藝術学と民族藝術学会のこれからを考える」

問題提起:会長・吉田憲司「民族藝術学の新たな展開に向けて」

改革の概要:副会長・岡田裕成、理事・上羽陽子、服部正

議論と提言:天野文雄(芸能史)、竹内幸絵(デザイン)、中西 學(現代美術作家)

対話:フロアからの積極的なご発言をお待ちします

臨時総会

フォーラム終了後引き続き (15:30ころ予定)

議題: 学会誌のリニューアルを中心とする学会改革について

会場

大阪大学・豊中キャンパス 文法経講義棟 (下地図内 6 番の建物) 4F 文 41 教室

阪急電車宝塚線・石橋駅徒歩約 15 分 大阪モノレール 柴原駅下車徒歩約 10 分

アクセスマップ http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/about/access

臨時総会のご報告

2019年6月15日、大阪大学豊中キャンパスにおいて、学会の将来を議論する「対話フォーラム」と臨時総会が開催されました。


フォーラムでは、本学会創立の理念を改めて確認するとともに、将来にわたる活動について、約3時間にわたり幅広い議論がおこなわれました。

これを踏まえ、引き続き開催された臨時総会では、「学会の置かれた厳しい状況を踏まえ、学会誌のリニューアルを中心とする学会改革について、今後積極的に進める」との方針を決議しました。


この決定にもとづき、来年2020年3月発行の民族藝術学会誌 vol.36 は、名称・体裁を大幅に変更することになります。

学会誌の新名称および記事の構成については、概要PDFをご覧ください。

その他の詳細は臨時に発行予定の会報において、ご報告いたします。

第153回研究例会

日時:2019年7月13日(土)13時~15時30分

場所:広島県立美術館 地下1階 講堂

   〒730-0014 広島県広島市中区上幟町2-22

交通:広島電鉄白島線「縮景園前」駅下車すぐ

研究発表1)13:05〜13:45

竹口浩司(広島市現代美術館):「つなげる糸、あたためる布—いくつかの展覧会の事例から」

研究発表2)14:10〜14:50

福田浩子(広島県立美術館):「広島県立美術館のアジア染織コレクション~インド、インドネシア、中央アジアを中心に」

担当理事:服部正(甲南大学)hattori[あっと]konan-u.ac.jp


 *会場の広島県立美術館の常設展示室では、同館が所蔵するアジア染織コレクションの一部も展示されています。また、当日は特別展「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」の開幕初日となっています。


民族藝術学会トップページへこのページの先頭へ


2019年8月19日更新

民族藝術学会

連絡先

このサイトでは、個別のソフトウェア独自の拡張機能は使用しないよう努めておりますが、万が一そのようなことがございましたら、ご一報ください。

Copyright 2005-19 民族藝術学会 Society for the Ethno-Arts. All rights reserved.