民族藝術学会 > 記録

活動記録

2017年度

第33回民族藝術学会大会

日時:2017年4月22日(土)、23日(日)

    ※理事会・評議員会・大塚国際美術館見学は4月21日(金)

主催:民族藝術学会
会場:鳴門教育大学 芸術棟 演奏室

   〒772-8502 徳島県鳴門市鳴門町高島字中島748

   最寄り高速バス停:高速鳴門(神戸から1時間、大阪駅から1時間30分)下車、タクシー所要時間5分、大阪と神戸から毎時2~3便のバスがあります。なるべくご予約ください。

   徳島空港(羽田から1時間・1日11便、福岡から1時間・1日1便)タクシー所要時間20分、座席に限りがありますので、早めにご予約ください。


テーマⅠ:「民族藝術と聖地」

 四国で初めて開催される大会であり、開催地の鳴門市は四国八十八カ所巡礼の起点であり「聖地」に焦点を当ててシンポジウムを開催する。近年、映画やテレビドラマの観客が、そのロケ地を「聖地」視して、「巡礼」することがよくあるが、本来美術や音楽などのゆかりの土地が、「聖地」として、その後重要な場所となることも多く、そのメカニズムを明らかにする。

テーマⅡ:「はじめにイメージありき:木村重信先生のご業績をたどって」

 本年1月30日に本会名誉会長の木村重信先生(大阪大学名誉教授)が逝去された。今回急遽、先生のご業績を偲ぶ場を設定した。民族藝術学会を創設し、30年以上にわたってご指導いただいた先生の学問的達成を、様々な観点から明らかにして、今後の学会の充実化をはかる。


運営組織
事務局:民族藝術学会第33回大会実行委員会(鳴門教育大学芸術学研究室)

TEL:088-687-6484(直通)

Mail:ogawa[あっと]naruto-u.ac.jp 件名にまず【学会】と書いてください。

大会実行委員長:小川 勝

参加要領:
  1. 振替用紙の通信欄に氏名、メールアドレスを記入し、下記の参加費4000円を4月14日(金)までにお振り込みください。また、出張依頼状の必要な方は、4月14日(金)までにメールで上記の事務局にお申し込みください。参加費の振り込みをもって、正式な参加申込とし、確認メールを差し上げます。なお、払込みされた参加費は返却いたしません。ゆうちょ銀行口座からATMで送金される場合は、その旨を必ず、上記事務局にメールでご連絡ください。
  2. 振込先:ゆうちょ銀行 01620-7-101507 「民族藝術学会第33回大会実行委員会」

  3. 大会参加費は4000円、一般参加も歓迎します。なお、大会当日支払いの場合、参加費は1000円割り増しの5000円となります。事前払込みにご協力ください。
  4. 懇親会(6000円)、弁当代(1日1000円)は必ず4月14日(金)までに上記の事務局にメールで予約し、当日支払い下さい。確認メールを差し上げます。会場周辺には食堂・コンビニなどはありませんので、ご注意ください。
  5. 大会パンフレットは、当日会場でお渡しいたします。
  6. 宿泊について 鳴門市内にはあまりホテルがありませんので、できるだけ早めにホテル予約サイトから各自ご予約ください。事務局では懇親会を開催する「ルネサンスリゾートナルト」に部屋を確保しています。宿泊者には、空港やバス停に送迎バスサービスがあり、また、学会会場の鳴門教育大学にも送迎いたします。詳しくは事務局にメールでお問い合わせください。
  7. 大会前日の21日(金)午後に大塚国際美術館見学を実施します。参加ご希望の方は、事前に上記事務局にメールでご予約ください。団体料金で入場し、1300円相当のガイドブックを無料で提供いたします。

program

第83回東京研究例会

日時:2017年6月17日(土)14:00~16:30

場所:実践女子大学 渋谷キャンパス 創立120周年記念館 703教室(7階)

  *当日14時までは、創立120周年記念館の中央口(自動扉)から入構ください。右側に受付を設けております。14時以降は、玄関右手の守衛室窓口で入構証を受取り、手動扉からお入りください。

交通:JR・東京メトロ・東急・京王井の頭線「渋谷」駅より徒歩10分

   東京メトロ 銀座線/半蔵門線/千代田線「表参道」駅より徒歩12分

研究発表:テーマ「作品とその機能」

1)中村友代(実践女子大学)「コインとメダルにおけるアレクサンドロス大王の肖像」

2)大野陽子(群馬県立女子大学)「サンタ・マリア・プレッソ・サン・チェルソの奇跡の聖母」

担当理事:六人部昭典

連絡先:民族藝術学会東京事務所 minzoku.tokyo[アトマーク]gmail.com

第145回研究例会

日時:2017年7月1日(土)13:00~16:30

場所:大阪大学豊中キャンパス 文法経研究講義棟1F文13教室

交通:阪急宝塚線「石橋」駅(徒歩15分)、大阪モノレール「柴原」駅(徒歩15分)

研究発表:小特集「社会主義時代の芸術」

1)岡田真輝(芸術学・京都市立芸術大学大学院生)「クシシュトフ・ヴォディチコのパブリック・プロジェクション—— 70年代から今日までの変遷」

2)マハバル•サウガゲレル(音楽学・大阪大学大学院生)「社会主義時代のモンゴルの音楽—— 第二次大戦後を中心に」

3)高岡智子(音楽学・龍谷大学社会学部講師)「共産ポップスのゆくえ—— 東ドイツがプロデュースしたロック」

担当理事:伊藤信宏


民族藝術学会トップページへこのページの先頭へ


2017年5月20日更新

民族藝術学会

連絡先

このサイトでは、InternetExplorerなど、個別のソフトウェア独自の拡張機能は使用しないよう努めておりますが、万が一そのようなことがございましたら、ご一報ください。

Copyright 2005-17 民族藝術学会 Society for the Ethno-Arts. All rights reserved.